ボイパラボ

ボイパ(ボイスパーカッション)・humanbeatboxが学べるサイト

特殊音

インワードリップベースのやり方とコツ【ボイパ・ビートボックス】

投稿日:

インワードリップベースはマイクを通すとかなり低いパンチのあるベース音になる、リップベースです。通称「ボー」とも呼ばれます。

今回はそんなインワードリップベースのやり方やコツについてまとめてみました。

インワードリップベースの動画講義①

インワードリップベースのやり方

  1. 音を出すサイドを決める
  2. 決めたサイドの方向に顎を落とす
  3. 音を出すサイドで息を吸う
  4. リップロール+息を吸う
  5. 唇は緩くしておく

インワードリップベースのコツ

肺呼吸すると唇の振動が弱くなってしまうため、お腹から息を吸う。

インワードリップベースの動画講義②

インワードリップベースのやり方

  1. 口角を片方だけ下げて息を吸う
  2. 息を吸いながら、音が出るまで開いた口を狭める
  3. 唇が中に入り込むように息を吸う
  4. 舌を使わない

インワードリップベースのコツ

低いインワードリップベースの音を出すためには、舌を使わずニュートラルな位置において口の中の空間を広く保つと良い。併せて喉を開いてあげるとより音が低くなる。

インワードリップベースの頭にインワードキックを入れるとキレのある音になる。

音を鳴らすほうの唇は脱力させることによってより振動しやすくなり、低音が出やすくなる。

感想とまとめ

インワードリップベースでは、舌の位置をニュートラルにすると低い音が出ると書きましたが、逆に下の位置を口角に近づけると高いインワードリップベースになって、遠ざけると低いインワードリップベースになります。

インワードリップベースはピッチの調整もできるということですね。

インワードリップベースの音を出すには上唇を内側に巻き込んで脱力させるのがポイントです。しかし、どうしても最初は唇に力が入ってしまいがちです。何度も練習して、唇の震える感覚や脱力の感覚をつかみましょう。

インワードリップベースはマイクを通すことで本領を発揮するので、インワードリップベースの音が出せるようになったらカラオケなどで試してみると良いのではないでしょうか。

インワードリップベースといえばアメリカのビートボクサーであるNaPomが代表的ですね。彼のインワードリップベースは粒が細かくて、ライブで聞くと体にやさしく当たるような感覚なんだそうです。

もしも機会があれば、NaPomのインワードリップベースを生で聞いてみてください。

ではまた。

-特殊音

執筆者:

スポンサーリンク


コメントコーナー

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ボイパ】ベース音のやり方を動画講座で練習して脱初心者!

リップベース①の動画講座1 ◯動画構成 リップベース①のデモンストレーション(7秒〜) リップベース①のやり方(37秒〜) リップベースの音のやり方 普通に唇を震わせる 唇の力を抜く 頭に圧力をかける …

クラブスクラッチのやり方とコツ【ボイパ・ビートボックス】

クラブスクラッチを紹介する上で、僕が衝撃を受けたおすすめ動画があります。ヒューマンビートボクサーのDharniが上げた以下の動画です。クラブスクラッチを混ぜたビートは46秒から始まっています。 いかが …

ボイススクラッチのやり方とコツ【ボイパ・ビートボックス】

ボイパのスクラッチには複数の種類があります。今回はその中のボイススクラッチについて、やり方やコツをまとめてみました。 ボイススクラッチの動画講義① ボイススクラッチはその名の通り、裏声と地声、ミドルボ …

喉ベースのやり方とコツ!痛い理由は?【ボイパ・ビートボックス】

喉ベースは、ビートボックスやボイパの間に組み込むとアクセントとなり、よりビートを刻むのが楽しくなります。今回はそんなボイパの喉ベースについて、やり方やコツ、痛くなる理由についても調べてみました。 喉ベ …

管理人HIROのプロフィール

◯管理人HIROのプロフィール◯
小学生の頃に見た番組”ハモネプ”でボイパを知り、アカペラグループRAGFAIRのおっくんに憧れる。ある日流れた富士ゼロックスのCMでBEATBOXを知り、のめり込む。

そして社会人になり、BEATBOXを忘れていく…。

1989年生まれ、宮城県在住。

基本的な音はある程度出せるレベル。

ニコニコでボイパ素材提供中!